合宿免許など、自分に合った運転免許の取り方を探す

合宿免許など、自分に合った運転免許の取り方を探す

Pocket

大学入学や就職を通して、通勤通学、旅行など運転免許があると便利なシーンは大人になるにつれ増えて行きます。地方にお住いの方はもちろん、都市部でも海水浴やスキー旅行、帰省など遠出や引越し等で役に立ちます。第二種普通自動車免許を取得した場合、原動機付自転車も運転できます。

今回取り上げる合宿免許を紹介する前に、一般的とされている教習所に通う場合の運転免許取得の主な流れをご説明します。簡単な視力、聴力、体力検査を受けた後、各学校で決められたカリキュラムに即した座学の講習と、実際に助手席に先生を乗せての実習の二つをこなします。

一コマ1時間の講習または実習を、大学の講義や仕事、家事などの自分のスケジュールに合わせて予約を入れる形が多く取られます。1日を通して全部で7〜8コマ設けている学校が多いです。基本的な実習と講習が終了すると、仮免許を取得する為のテストがあります。

仮免許が取れたら、実際に市街地へ出ての実技練習が始まります。実習、講習共に決められたカリキュラムを終了すると、卒業試験を受けます。これらに合格し教習所を卒業できたら、自分の住民票が置かれている都道府県で免許センターへ行き、卒業試験で課されたような筆記テストを受けます。このテストをパスし、なおかつ身体検査に合格すると、晴れて運転免許証が交付されます。

教習所に通わず、独学で直接免許センターで筆記・実技試験を受けることも可能ですが、知識はともかく自動車の運転技能を独学で練習するのは難しいと思われるので、やはり教習所に通うのが一番の近道と考えられます。

Pocket


Comments are closed.